ラ・キュイジーヌがセールに関係なしの安さ♪ハッピーキャットカニンヘンのレビュー♪

我が家に遊びに来るノラ猫に食べ残しを上げるとカニンヘンだけ食べていきますので、好き嫌いのある味なのかもしれません。同居中の三毛猫も積極的ではないですがまあまあ食べます。朝夕に少しだけおやつ感覚で食べさせて、普通は避妊去勢用のものを与えています。

いまオススメの商品!

2017年01月18日 ランキング上位商品↑

ハッピーキャット ラ・キュイジーヌ カニンヘンHAPPY CAT ハッピーキャット ドライフード ラ・キュイジーヌ 成猫用 カニンヘン (80971) 300g

詳しくはこちら
 b y 楽 天

なんでも食べてくれる他の子たちは予想通り素晴らしい食いつきです(笑)また、お腹の弱い子も初回から軟便になることもなく良いうんちをしています。これもそんなに好んでいるようではないですが!取敢えず初日は食べてます。通常は避妊去勢用の他メーカーを食べていますが、少し飽きがきたかも???という時にカニンヘンを購入してみたらお気に入りになってしまいました。このシリーズは少々お高いですが、グルテン不使用な点など安心して与えられるので飼い主の私も一番気に入っています。生肉ベースの手作りごはん(細かく栄養計算しています)のトッピングとして、ハッピーキャットを含む色々なドライフードをローテーションして与えています。キュイジーヌラインはチキンも鴨もあげていて、どちらも好んで食べます。)粒大きめが好きなうちの猫には丁度いい感じ。)・原材料名に登場する「サッカロマイセス・セレビシエ」は、 パンを作るイースト菌やお酒を作る酵母菌、エビオス錠と同様のものです。(おやつのウェットフードが魚中心なので!メインのカリカリは海出身素材以外の物をなんとな~く選んでいます。少食なので!カロリー高めで助かります。ハッピーキャットはどの種類も好きみたいです。 (酸化しないうちに食べ切ることができます。口内炎や皮膚病で悩む猫さんたちにオススメです!!と、前回書いた通りの成分です。)・少量パックが嬉しい。 (アレルギー体質の猫にも安心。我が家でも!以前の慢性口内炎がひどかった時期なら!とがった粒を除いてあげていたところです。キブルが大きいですね。(過去に!あらゆるカリカリを水に漬けこんで与えていた時期もあったことを!思い出しました。ラム、ビーフ、ラージブリードも好きですね。2袋あげて、好きな餌リストに入りました。 口内炎や皮膚病で悩む猫さんたちにオススメです!!)・脂質少なめ!でも少なすぎず。)・穀物不使用で、植物性タンパクも無添加。猫たちの反応でそんな感じはありましたが!喜んで食べています。お値段はちょっと高いですが、身体に良さそうで私も気に入りました。小さい粒のほうがかえって口の奥に入れにくいらしく、ときどき落としては入れなおし、落としては入れなおししていることがあります。安くはないぞ、猫よ。お肉っぽい味が他のものと違うのか気に入って食べています。もともとゲロ吐きしやすい子のために購入。朝ごはんだけと決めて与えています。大きさも不均一なのがいい感じです。これはかなり大きめのキブルですが!よく噛んで食べてくれてます。穀物アレルギーのうえ野菜嫌いな猫たちですが!じゃがいも系のカリカリは大好きです。ハッピーキャットだと吐かない日もあるので!体にあってるんだと思います。 (他のキャットフードや手作りご飯とダブりにくく使いやすいです。慢性口内炎の猫さんに勧めたいのに…!その点は改良してもらいたいですね。先月リニューアルして、味が少しだけ変わったようです。──口内炎はすぐに治ったものの!栄養バランスの面で長く頭を悩ませ続けてきたので!このフードと出会えてとても嬉しいです。好き嫌いが多く飽きっぽい子のためにこちらを試してみたところ!とても気に入ってくれたようでよく食べています。 これに砂肝は入っていませんが。──・主成分がウサギ肉。食いつきがいいというレビューをよく見るので試しに購入。普段のメインのナチュラルバランスのホールボディヘルスと比べると1.5倍くらいはあるんじゃないでしょうか。。 (レバー・心臓・砂肝などが足りないと体調いまいちです。…たまにトゲのようで痛そうに見える部分さえあります。 (高齢猫・肝臓病猫のお腹に優しい配合です。今後も継続して与えたいですね。その中でもカニンヘンは特にお気に入りで、これ以外はそっぽ向くようになってしまいました。口内炎の闘病時に奥歯のほとんどが抜け落ちてしまった仔は、大きい粒も丸呑みですが、べつだん問題はないようです。でも、なめらかな表面からちょっとガサガサに変わりました。 良質のアミノ酸やビタミンB群・各種ミネラルが手軽にとれる サプリメントや健胃で知られています。 ミルクシスルやタンポポ入り。)今はすっかり治っているので!とがったカリカリも気にせず食べています。肝臓が弱った猫(おしっこの色が濃くなるなどの黄疸症状)には、低脂質フードでミルクシスルやたんぽぽが配合されているという点でも助かります。猫の慢性口内炎を治すため生肉中心の給餌を2年続けたすえ、ようやく私がたどりついた栄養比率に、現在もっとも近いキャットフードだと思います。粒は、これまでと同様に、3種類のサイズ・形です。好き嫌いの激しい猫で、ハッピーキャットはビオやエンテを試しましたが食べませんでした。このシリーズ「ラ・キュイジーヌ」の中で!「カニンヘン」だけは植物性タンパク質が加えられていないので!アレルギー持ちの猫にも安心して与えられます。粒がまちまちで!フワカリッとしているようで!香りがいいですね。口が痛まないよう、どんなに気を遣ったことか。)・牛豚の内臓配合。一袋食べ切るようなら、たまに買ってもいいかなと思います。